妃(ひ)は、後宮における后妃の身分の一つ。

シンデレラ・ストーリー

『シンデレラ・ストーリー』(A Cinderella Story)とは、童話「シンデレラ」の主人公のように、有名ではない一般人女性が、短期間で(あるいは長い年月にわたる苦労の末)見違えるほどの成長と幸福を手にし、芸能界や社交界、その他の一流の場などにデビューしたり、あるいは資産家と結婚する成功物語をいう。

創作でなく実在の人物の話であれば、成功をつかんだ女性は、一般に「シンデレラ」と称され、華麗に演出されてマスコミなどで報道される。現実例として文仁親王に見初められた川嶋紀子が“3LDKのプリンセス”(当時住んでいた学習院教住の間取りから。同名の書籍もある)“平成のシンデレラ”(同題のアニメがある)と呼ばれた。それ以降の例としては、歌手の華原朋美が当時、雑誌『JUNON』で“なりたい顔1位”にも選ばれるなど、同性を中心に絶大な支持をされた。安室奈美恵の“アムラー”に対して、華原のファッションや言動を真似する女子は“カハラー”"ともギャル"と呼ばれ、メディアで“平成のシンデレラ”と呼称された

魔法使い役や王子役のような、他者による強力な援助がある人物に用いられることが多い。ミス・コンテストに優勝してドラマや映画に出演、それが受けて一気にスターダムに、あるいは、その道の有力者に見初められそして庇護を受けて大舞台へ、といったパターンである。また自分の才能や作品により魔法のように成功を手に入れるパターンがある。

同名の童話のように、「継母に虐められる」といったような要素は必要ないが、成功に至るまでの「苦労話」などがドラマチックに語られることが多い。貧しさや身寄りの無さなどの苦労、成功を得るまでの障害が大きいほど、最終的に幸福を掴むカタルシスが大きくなるからである。

男性の場合は(多くはスポーツで突如として頭角を現したりするパターン)「シンデレラボーイ」と呼ばれる。



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

アラサー

アラサーとは、和製英語の「around thirty」(アラウンド・サーティー)の略で、30歳前後の人のこと。

2006年(平成18年)頃に生まれた和製英語で、2005年(平成17年)11月に創刊した女性雑誌『GISELe』(ジゼル・主婦の友社)が具体的な年齢を出さずに年齢を伝えるために使い始めたのが始まりといわれ、正確に英語で伝える場合は“around the age of 30”となる。もともとは女性に対して使われていたが、その後男性に対しても使われるようになった。

「26歳以上33歳以下」・「28歳以上32歳以下」などの定義があり、幅を広く取りすぎると意味がなくなるとの指摘もある。また、25〜34歳を指す人もいる。


オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

文化としての女装

少年、青年、また成人男性が、強靱な精神と肉体を持ち、荒々しい言動や挙措であることが尚ばれる社会や時代があるが、他方で、女性的な男子が社会的に理想とされるような社会や時代の文化もある(日本の平安時代の貴族は、女性的であることが理想でもあった)。また奇異な行動や服装がもてはやされる時代もあり、女装やそれに類した行動様式が美しいとか望ましいとか考えられる文化のファッションも当然存在する。

ここから「ファッションとしての女装」というものがまた考えられる。1960年代から70年代にかけて、フラワームーヴメントが欧米にはあったが、男性が女性的な身なりをすることが流行した。グラムロックやパンクファッションなどでも、男性が派手な衣装をし、ルージュを付けるなどがあった。これはヴィジュアル系と呼ばれるファッションにも通じている。またメンズ・スカートなども、ファッションとしての女装として見ることができる。



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着

女史

女史(じょし)とは、かつて見識・教養豊かで、社会的に活動している女性に対して与えられた敬称。現在通常使用されている「氏」の女性版として存在した日本語であった。

「〇〇氏、△△氏、××女史」などとして比較的フォーマルな文書で使用されることが多かったが、現在はジェンダーフリー化によって、「看護婦」や「保母」のように死語となっている。

平成時代以降はフォーマルな場面では女性でも「〇〇氏」が一般的であり、「女史」を使用すると性差別とされるので、この単語を使用するのは避けた方が良いことが殆どであり、注意が必要である。この事は「共同通信社」出版の1997年版『記者ハンドブック』から「差別語、不快用語の項目の5」にて「性別を理由にした社会的、制度的な差別につながらないよう注意する」と差別用語に追加されている。

現在では「〇〇女史」と表現した場合、「女だてらに活躍されているあの〇〇氏」に近い皮肉の込められた性差別的な意味あいに捉えられることが多く、また言語の移行期としてはまだ完全ではなく、昭和初期生まれまでの人々では未だに使用されることがあるため、非常にデリケートな段階の言葉である。

用法を知っている者が単純に目立った動きをした女性を批判する目的で使われる場合が多いため、「悪口としては死語ではない」といえる。

また、「女史メガネ」など、尖った古風な眼鏡に対する皮肉として使われる派生形の単語がいくつか存在している。

オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

グラビアモデル

グラビアモデルというのは、(美術モデルでもなく、普通の商業モデルでもなく)異性そのものに興味がある人々のために異性として姿を提供する仕事のこと。雑誌などの販売部数を伸ばすために利用されているので、広い意味では「商業モデル」の一種ではあるが、写真にうつされている商品の販売数を増やす目的ではない、という点でやや特殊なので特に解説する。グラビアモデルは美術目的で姿を提供する仕事でもなく、何かの商品の販売推進のために姿を提供するモデルでもなく、異性のモデルの姿自体を見たいと思う人々(読者)のために自身の姿を提供しているモデル。もう少し掘り下げると、異性への関心が深い人々(読者)、異性に恋心を抱きがちな人々(読者)のために、彼らが見たいと願っている異性像(理想像、妄想像)を意識的に提供する仕事。 そういった人々(読者)は大抵は、愛想が良い異性が好きな傾向があるので、そういった妄想像に応えるために笑顔を見せる仕事となることが多い。またそういった読者は異性が身体表面にまとっている衣類にはほとんど興味がなく、それよりはむしろ「服の中身」、人間そのものやその肉体面に興味の中心があるので、着衣は少なめになる傾向がある仕事。



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

下着モデルに向いた女性の体型

下着モデルは、一般的なファッションモデルや水着モデルに求められている体型とは異なり、上品で清潔感のある容姿が重視されている。そのため一般的には「スタイルがよい」とされている体型である女性モデルを起用しても、実際の写真では女性モデルが下品に見えてしまったり、下着の形が悪く見えてしまったりする場合も少なくないため、下着モデルに要求される体型条件は非常に厳しいとされている。このことから一般的なファッションモデルや水着モデルの体型では下着モデルにはあまり向かないことが多い。バストやヒップが小さめで腰には適度なくびれがあって、長身で腕及び脚がほっそりと長く、清潔感があって清楚で上品な容貌を持っている女性モデルが見栄え良く、下着モデルには最も適任であるとされている。



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

魔女狩り

15世紀から17世紀にかけてのヨーロッパ諸国において、多くの人々が魔女の嫌疑をかけられ、世俗の裁判や宗教裁判によって処断された。当時魔女は悪魔と交わり特別な力を授けられ、悪天候をもたらしたり、人間や家畜に害をなすと信じられていた。特に女性と限られてはおらず男性の魔女もおり、どちらも英語では同じ witch という語で表わされた。魔女は聖俗の裁判官や教会学者によって捏造されたものであるとする説が19世紀に登場した。しかし魔女とされた人々の一部は何らかの異教的または異端的な豊穣儀礼を実践していたという説もある。

15世紀に書かれた魔女を糾弾する書物の中でも、ドイツの異端審問官によって著された『魔女の槌』(1486/7年)は魔女狩りの手引きとして特に有名である。同書は15世紀の印刷革命に乗じてヨーロッパ諸国で広く読まれ、ドイツにおける魔女裁判の本格化に寄与したとも言われている[8]。もっとも、魔女狩りが本格化したのは同書の出版の1世紀後のことであるから、同書と魔女狩りの激化との関係は明白ではない。魔女狩りの盛期であった16世紀から17世紀には、フランスの法律家ジャン・ボダンの『魔女の悪魔憑依』(1580年)をはじめとして魔女妄想を煽る悪魔学書が多数出版された。一方、ドイツの医師ヨーハン・ヴァイヤーは『悪魔の眩惑』(1563年)を著して魔女裁判に異議を唱え、イギリスのレジナルド・スコットは『妖術の暴露』(1584年)を書き、魔女の妖術とされているものに対して懐疑的な見解を示した。

実際に魔女と名指しされた人たちがどのような人々であったかについては、地域や個々の魔女裁判によって異なるため一般化するのは難しい。告発された人は女性とは限らなかった。裁判記録に基づく統計によれば、西欧ではおおむね女性が多い傾向にあったが、北欧では男性の方が多い地域もあった。多くの地域で犠牲者は貧しい下層階級の人々が多く、高齢の女性が多い傾向にあった。時には比較的身分の高い人や少年少女が魔女とされることもあり、さまざまな種類の人々が魔女として告発された。集団的な妄想の犠牲者やマイノリティ、同性愛者や姦通者、隣人の恨みを買った人たち、悪魔憑きなどがいた。「賢い女性たち」といわれる民間療法の担い手・正規の医者ではないが医者の代行を務めた、今で言う助産師のような人たちが多かったとの説があるが、学術的には受け入れられていない。悪魔学者たちは産婆を魔女として糾弾したが、実際には裁判記録にみられる産婆の数はけっして多くはない。また民間の治療師や占い師である白魔女も、少なくともイングランドの裁判記録を見る限り、ことさらに告発の対象になったわけではないようである。

『旧約聖書』には呪術や口寄せを断罪する記述がいくつかあるが、魔女狩りの時代にはそれらは当時の魔女のイメージに合うように解釈された。たとえば「出エジプト記」の中で、律法を述べた22章第17節[補註 2]には、「女呪術師を生かしておいてはならない」ということが記されている。この女呪術師のヘブライ語はメハシェファ(mekhashshepheh)で、呪術を使う女と解されている。この箇所が『欽定訳聖書』(1611年)では「魔女(witch)を生かしおくべからず」と翻訳され、魔女迫害の正当化の根拠として引き合いに出された。

オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着

魔女の概説

冒頭で魔女の一般的な定義を与えたが、すべてに当てはまる最大公約数的定義を示すのは困難である。ヨーロッパの歴史における魔女は複雑な背景を持つ重層的な概念となっており、多面的な魔女像が存在する。古代や中世前期での原型的魔女ないし魔法使いから、中世末以降に魔女論者たちが定式化し識字層に広まった類型的魔女像、近世・近代の民間伝承やメルヘンの中の魔女像、19世紀以降に考えられたロマンチックな魔女像や、20世紀以降の新異教主義の魔女に至るまでの、さまざまなものが魔女という言葉で括られている。

魔女の概念をなす要素のひとつに、ラテン語で「マレフィキウム」(悪行)と呼ばれた加害魔法の概念があるとされる[6]。呪術的な手段によって他者を害することは、古代ローマ時代から刑罰の対象であった。中世ヨーロッパでもこのマレフィキウムに対する考え方は存続した。

しかし中世晩期の15世紀になると、それまでの単なる悪い呪術師とは別様の、「悪魔と契約を結んで得た力をもって災いをなす存在」という概念が生まれた。魔女とは悪魔に従属する人間であり、悪霊(デーモン)との契約および性的交わりによって、超自然的な魔力や人を害する軟膏を授かった者とされた[7]。魔女裁判が盛んに行われた16世紀から17世紀の近世ヨーロッパ社会において識字層を中心に広まっていた魔女観はこのようなものであった。

欧米では20世紀後半以降、魔女と自己規定する人が増えている。その多くは、20世紀半ばにジェラルド・ガードナーが始めた魔女の宗教運動であるウイッカや、これに類する新異教主義のウイッチクラフトの信奉者である。ウイッカを信奉する者はウイッチ (witch) という言葉のもつ悪いイメージを嫌い、ウイッカンと呼ばれる。ウイッカやこれに類する新異教主義のウイッチクラフト諸派は日本で魔女宗とも魔女術とも呼ばれている。

オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売

魔女

魔女とは、古いヨーロッパの俗信で、超自然的な力で人畜に害を及ぼすとされた人間、または妖術を行使する者のことを指す。

現代の人類学では非ヨーロッパ諸国の呪術にシャーマニズムの概念を適用することがあるが、ヨーロッパの魔女や魔法にもシャーマニズムに通じる面があることが指摘されている。旧石器時代の洞窟壁画には呪術師ないし広義の「シャーマン」と解釈される人の姿が描かれており、呪術は有史以前に遡る人間とともに古い営みであると考えられている。現存する史料からうかがわれる魔女狩りの時代の魔女観では、魔女は、多くの場合女性で、時には男性であったとされている。近代ヨーロッパ言語には「男性の魔法使い」を指す言葉(仏: sorcier、独: Hexer, Hexenmeister)も存在するが、日本語では「魔男」という言い方は普及しておらず、男性形の sorcier に「魔法使い」という訳語を当てる場合がある。

オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着

聖女 (忍者)

聖女、真田氏が統治した松代藩に伝来した忍術書に名前が見える女性の忍術伝承者である。この忍術書は武田氏伝来のもので、松代藩家臣の根津氏の望月一党によって伝えられたもので、江戸時代には甲陽流と呼ばれることになる。男性忍者と同様の諜報活動や破壊工作を行う女忍者、いわゆるくノ一の存在は学術的に存在が疑問視されているものの、聖女は女性忍者として資料に記載された珍しい一例である。

オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売