妃(ひ)は、後宮における后妃の身分の一つ。

女史

女史(じょし)とは、かつて見識・教養豊かで、社会的に活動している女性に対して与えられた敬称。現在通常使用されている「氏」の女性版として存在した日本語であった。

「〇〇氏、△△氏、××女史」などとして比較的フォーマルな文書で使用されることが多かったが、現在はジェンダーフリー化によって、「看護婦」や「保母」のように死語となっている。

平成時代以降はフォーマルな場面では女性でも「〇〇氏」が一般的であり、「女史」を使用すると性差別とされるので、この単語を使用するのは避けた方が良いことが殆どであり、注意が必要である。この事は「共同通信社」出版の1997年版『記者ハンドブック』から「差別語、不快用語の項目の5」にて「性別を理由にした社会的、制度的な差別につながらないよう注意する」と差別用語に追加されている。

現在では「〇〇女史」と表現した場合、「女だてらに活躍されているあの〇〇氏」に近い皮肉の込められた性差別的な意味あいに捉えられることが多く、また言語の移行期としてはまだ完全ではなく、昭和初期生まれまでの人々では未だに使用されることがあるため、非常にデリケートな段階の言葉である。

用法を知っている者が単純に目立った動きをした女性を批判する目的で使われる場合が多いため、「悪口としては死語ではない」といえる。

また、「女史メガネ」など、尖った古風な眼鏡に対する皮肉として使われる派生形の単語がいくつか存在している。

オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ